T-01A/対決 HT-03A vs T-01A/10 ベンチマーク編―T-01A が多くの項目で HT-03A を上回る - T-01A/TG01 ドコモ 東芝

Top > T-01A > 対決 HT-03A vs T-01A > 10 ベンチマーク編―T-01A が多くの項目で HT-03A を上回る

T-01A/対決 HT-03A vs T-01A/10 ベンチマーク編―T-01A が多くの項目で HT-03A を上回る

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

SmartphoneBenchで測定、T-01Aが描画性能などで勝利、特にCPU性能では4倍近い性能差に

3622502079_c3e9fc72de_m.jpg

昨日ニュースでお伝えしたとおり、ラスターワークスがベンチマークソフト「SmartphoneBench」を公開した。このソフトにはWindows Mobile版とAndroid版があり、どちらのOSでも同じ条件で性能の比較ができる。同社のサイトではEM・ONE(S01SH)とHT-03Aを使った測定結果がサンプルとして紹介されているが、ここでは2009年夏時点で最速のCPU「SnapDragon」を搭載したT-01Aと、HT-03Aで測定比較してみた。

T-01AとHT-03Aの測定結果

測定項目T-01AHT-03A測定単位備考
文字列描画15660FPS1秒あたりの描画数
点描画12160FPS1秒あたりの描画数
線描画12160FPS1秒あたりの描画数
ポリゴン描画12147FPS1秒あたりの描画数
PNG描画3258FPS1秒あたりの描画数
透過PNG描画2860FPS1秒あたりの描画数
3D描画※162FPS1秒あたりの描画数
CPU性能330359521point※2
FPU性能1304717396point※3
ファイル書き込み17217992404990Byte/sec1秒あたりの書き込み量
ファイル読み込み20971520058254222Byte/sec1秒あたりの読み込み量

※1 T-01A(Windows Mobile版)では、残念ながら3D描画の測定ができないようだ。
※2 1秒で、整数65536までに含まれる素数を特定した値
※3 1秒で、円周率3.141592653589794を求めた回数

png画像の描画だけは劣るものの、描画関連の多くの測定でT-01Aが上回った。またFPU性能、ファイルの書き込み、読み込み数は極端な開きはなかったが、CPU性能ではT-01Aが4倍近い性能差を叩き出した。この辺りはSnapDragonの面目躍如と言えるだろう。
勝利した項目数ではT-01Aが6、HT-03が4でT-01Aのほうが多め。これからどちらかを購入しようと考えている人は、自分の使いかたも考えつつ、ぜひ参考にしてほしい。

(参考記録)T-01A(ActiveSync時)とHT-03Aの測定結果

「SmartphoneBench」で測定をする際に、T-01AはActiveSyncをしていると測定結果が大きく上昇するという現象が起きる。開発元によると、もちろん上記の通常時が正しいようだが、参考までにT-01A(ActiveSync時)とHT-03Aの比較を掲載しておこう。

測定項目T-01A(ActiveSync時)HT-03A測定単位備考
文字列描画27460FPS1000msecあたりの描画数
点描画27460FPS1000msecあたりの描画数
線描画27460FPS1000msecあたりの描画数
ポリゴン描画27447FPS1000msecあたりの描画数
PNG描画7858FPS1000msecあたりの描画数
透過PNG描画6060FPS1000msecあたりの描画数
3D描画62FPS1000msecあたりの描画数
CPU性能934429521point素数の数 / 経過時間 (ms)
FPU性能2740017396point円周率を求めた回数 / 経過時間 (ms)
ファイル書き込み17772472404990MByte/sec1秒あたりの書き込み量
ファイル読み込み17476266658254222MByte/sec1秒あたりの読み込み量

この記事は

選択肢 投票
いい 47  
普通 3  
微妙 22  

NTT docomo PRO series 2009夏モデル 対決 記事一覧

NTT docomo PRO series 2009夏モデル ベンチマーク対決 記事一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Sat, 26 Jun 2010 13:10:19 JST (2463d)