T-01A/対決 HT-03A vs T-01A/06 バッテリー編 - 際立つHT-03Aの待受時間の短さとT-01Aのバランスの良さ - T-01A/TG01 ドコモ 東芝

Top > T-01A > 対決 HT-03A vs T-01A > 06 バッテリー編 - 際立つHT-03Aの待受時間の短さとT-01Aのバランスの良さ

T-01A/対決 HT-03A vs T-01A/06 バッテリー編 - 際立つHT-03Aの待受時間の短さとT-01Aのバランスの良さ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

バッテリーの持ちがいいのはどちらの端末? - HT-03A vs T-01A vs BlackBerry Bold

3622502079_c3e9fc72de_m.jpg
NTT docomo PRO series 2009年夏モデルとして、仲良く発表されたT-01A vs HT-03A。T-01Aは、2009年夏モデル最速・最薄の東芝の日本発ケータイ、Windows Mobile 6.1を搭載している。また後者のHT-03Aは、グローバルスタンダードを狙う台湾発のAndroid搭載Googleケータイだ。そして、夏モデルではないが、一つ前のモデルとなるBlackBerry Bold、こちらも一部のユーザーには人気がある機種である。
とはいえ、Windowsケータイ = Windows Phone、やはり携帯電話といえば、ベーシックに電話としての利用状況もそれなりに大切だ。比較的バッテリーが持たないというイメージを持たれがちのスマートフォン。早速比較してみよう。

気になるHT-03Aの連続待受時間の短さ

スペック表で、それぞれの連続待受時間・連続通話時間をみてみよう。特に気になるのが、2時間10分しか通話が出来ないBlackBerry BoldとHT-03Aの待受時間の短さだ。特にHT-03Aに関しては、やはりあまりの短さ故か、報道発表時と、発売時のパンフレットでは注記付きの書き方になっている。

スペック表でみる電話関連の連続待受・連続通話時間

キャリアNTTドコモNTTドコモNTTドコモNTTドコモ
名称T-01AHT-03A
(報道発表時)
HT-03A
(発売時)
BlackBerry(R)Bold(TM)
メーカー東芝HTCHTCRIM
写真
連続通話時間3G使用時: 約210分3G使用時: 約240分3G使用時: 約240分3G使用時: 約130分
GSM使用時: 約200分GSM使用時: 約260分GSM使用時: 約260分GSM使用時: 約130分
連続待受時間3G使用時:約 250 時間3G使用時:約 140 時間静止時(自動):約 210時間/移動時(自動):約120時間3G使用時:約 250 時間
GSM使用時:約 180時間GSM使用時:約 100時間GSM使用時:約 140時間(静止時)GSM使用時:約 210時間

バッテリーのバランスでみるならやはりT-01Aか

スマートフォン = バッテリーが弱いというイメージを持っている人も多いようだ。確かに、T-01Aでも、価格.comのレビューでは、バッテリーの持ちに関して、ほぼ満点に近いレーダーチャートでもバッテリーの持ちだけは少しへこんでいるように見える。だが、そのT-01Aでも、このスペック比較ではバランスがよく見えている。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000035612/

どうしてHT-03Aのバッテリーの持ち時間は短いのか

こちらの正確な数字は正直わからないが、一説によるとGmailが定期的にサーバーにメールを取りに行っている為、待受時間が短くなっているとのようだ。確かに、Windows Mobileでも、Windows Live Hotmailをプッシュで利用する場合には、一度メールを受信した後は接続状態のまま維持される為、多少待受時間が短くなる。だが、ここまで短くはならないようだ。この点でも、まだ多少Wildows Mobileの方が賢いといえるのだろうか。

詳しい方、わかれば是非フォロー頂きたい。

関連リンク

この記事は

選択肢 投票
いい 36  
普通 2  
微妙 25  

NTT docomo PRO series 2009夏モデル 対決 記事一覧

NTT docomo PRO series 2009夏モデル ベンチマーク対決 記事一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 19 Jan 2011 08:56:33 JST (2197d)